コピーライティングの流れ

 

相手の悩みを解決させ、未来を想像させる。
このことについて少しお話しました。

 

 

 

「じゃあ、一体どうやってコピーを使えばいいのか。」

 

 

コピーを使っていくには、相手の反応率をよくするための
ある程度のステップがあります。

 

 

 

1 相手の問題を提示する
2 その問題をさらに具体的にあぶり出し、このままではいけないことを説明する
3 その問題の解決方法を提示してあげる
4 期間や期限を限定する
5 アクションを起こす

 

 

 

だいたいこのようなステップになります。

 

これは PASONAの法則と呼ばれ
数多くのコピーライターはこの法則を利用しながら
文章を書いていきます

 

 

 

相手が悩んでいる内容や問題の影響性を書いて
その解決策を明確に説明しながら商品を紹介していきます。

 

そのあとには、その商品を購入できる期限はいついつまでと定め、
相手に今すぐ購入しなければ無くなってしまう!
という焦りの感情を起こさせることによって 購入という行動を起こすのです。

 

 

 

これはあくまでも1つの例ですが、
他にもいくつか法則というものがあります。

この使い方は人によって使い方は様々で
お客さんの種類によっても反応率がまるで違います。

 

 

あなたも コピーライティングのスキルを使って
プロのセールス技術を磨いちゃいましょう。

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録