究極の販売技術! コピーライティング

 

 

然ですが、

 

 

 

 

「人の心を思うように操れたら良いのに。。。」

 

 

と思ったことはありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「好きなあの子を振り向かせたい」

 

「うるさくてぎゃーぎゃー言っている耳障りな上司を黙らせたい」

 

 

などなど。

 

 

 

 

 

 

人によって心を操りたい理由はいくらでもあると思います。

 

 

 

 

もし、好きな人の心を自由自在に操れるとしたら
その子があなたにメロメロになり、1日中あなたのそばを離れようと
しなくなるでしょう。

 

 

もし、これが恋人ではなくビジネスの相手なら
お客様が喉から手が出る程モノを買いたい衝動にかられ、
あなたの紹介するモノが飛ぶように売れていきます。

 

 

人の心を操る事さえできれば、意中の相手を射止めるだけでなく、
あなたに関わるすべての人間が
脳のプログラムを書き換えられたかのうようにあなたの思い通りに行動してしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな夢のような事ができたら良いと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「いやいや、そんな技術があるなら誰も苦労しないだろ!」
と否定したくなると思うんですが、

 

実はあるんです。

 

 

 

 

 

 

相手の行動を促し、あなたの言う通りに相手が踊らされ
相手もそれに気づくことなく、むしろ満足感を与えられる方法

 

 

 

 

 

 

 

 

それが

 

 

コピーライティングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が紹介されるものをつい買いたくなるような文章を書くスキルのことを コピーライティングといい、
そのスキルを使って文章や広告を作る人をコピーライターといいます。

 

 

相手がつい反応をしてしまうキャッチコピー

を書く ライターさん。

 

その略称が コピーライターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

狙った100人のうち、
100人全員の心は動かせなくても、

 

 

100人のうち20人や30人ならば
思い通りに心を動かすことができる。

 

 

それがコピーライティングの効果です。

 

 

イベントの告知やブログを更新したときに
たった2、3人しか反応しないところを
20〜30人にできれば、その凄さがわかると思います。

 

 

同じ労力と同じ媒体を使ってるのに、
あなたの書いた文字だけで
集まるお客さんの数を何十倍にもできるわけです。

 

 

あなたがタイピングする文字の1つ1つに
相手を動かすことが出来る力が秘められています。

 

 

1度告知しただけなのに、
何百人もの人間をまとめて集めることが出来るセールスマンは
このコピーライティングの技術を内に秘めている証です。

 

 

 

相手はそれに気づかない

 

コピーライティングは相手に気づかれることなく
相手の心を操作することが出来ます。

 

しかし、相手にそれがバレてしまえば
商品が売れるどころか相手は遠ざかり、
技術も何もなくなってしまいます。

 

 

 

そして、相手の心の声を上手く組み取りながら
相手が求めているものを提示できれば、
相手はあなたに感謝しながら商品を買うでしょう。

 

 

これこそが 心理であり、
コピーライティングの核の部分になります。

 

 

 

 

商売には必ず”購買欲”というのがありますよね?
それはモノを買いたいという顧客の心の感情を示しています。
この購買欲を刺激させる心理技術が求められるわけです。

 

お客様は商品を買いたいわけではなく、
悩みを解決するために商品を買っています。

 

 

お客様は、その商品を買った後の満足した自分の未来像を描きながら
その商品に手を伸ばして悩みを解決するわけです。

 

 

 

商品を売り込むのではなく、
相手が理想の未来像を描けるように商品を紹介すれば
相手は売り込まれたと思うことなく、無意識にお金を落としていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コピーライティングの流れ

 

相手の悩みを解決させ、未来を想像させる。
このことについて少しお話しました。

 

 

 

「じゃあ、一体どうやってコピーを使えばいいのか。」

 

 

コピーを使っていくには、相手の反応率をよくするための
ある程度のステップがあります。

 

 

 

1 相手の問題を提示する
2 その問題をさらに具体的にあぶり出し、このままではいけないことを説明する
3 その問題の解決方法を提示してあげる
4 期間や期限を限定する
5 アクションを起こす

 

 

 

だいたいこのようなステップになります。

 

これは PASONAの法則と呼ばれ
数多くのコピーライターはこの法則を利用しながら
文章を書いていきます

 

 

 

相手が悩んでいる内容や問題の影響性を書いて
その解決策を明確に説明しながら商品を紹介していきます。

 

そのあとには、その商品を購入できる期限はいついつまでと定め、
相手に今すぐ購入しなければ無くなってしまう!
という焦りの感情を起こさせることによって 購入という行動を起こすのです。

 

 

 

これはあくまでも1つの例ですが、
他にもいくつか法則というものがあります。

この使い方は人によって使い方は様々で
お客さんの種類によっても反応率がまるで違います。

 

 

あなたも コピーライティングのスキルを使って
プロのセールス技術を磨いちゃいましょう。

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法