2つの価値

 

商品やサービスそのものの質を高めて、顧客に満足してもらうためには
商品自体の "価値" そのものを上げていかなければなりません。

 

価値には大きく分けて、 物理的な価値 と 感情的な価値があります。

 

その価値が高いほど、値段も上がり売上も飛躍していきます。

 

そこで今回は、その商品価値を上げる2つの価値について解説していきます。

機能的価値

 

機能的価値というのは、単体の商品そのものの価値を表しており
特に実体がある商品で使われる用語です。

 

その商品が持つスペック(機能)や利便性を意味し、その機能性利便性に比例して金額が設定されることが多いです。

 

例えば、アップル社が提供する商品は機能が充実して、手軽く持ち運べるものという高いイメージがあるため、企業名を出せばその商品の金額がイメージ出来たりしますよね。

 

この機能的価値は、顧客の心理的な満足感よりも
機能の充実性等による技術的な満足感によって満たされます。

 

先ほど、機能的に価値による金額の設定は、スペックと希少性に比例すると言いましたが言うまでもなく、機能、スペック性が高く入手困難なものであるほど莫大な金額になります。

 

同じパソコンでも、購入するメーカーによって内蔵されている製品、ソフトもバラバラですし利便性も違えば効果も違いますよね。

 

だから金額も高いものから安いものまで豊富にあります。

 

ただ、機能的価値を含む商品は自分たちで改造することが難して、手を付けられないものが多いため商品についてよく知っておかなければなりませんし、技術的にハードルが高いです。

 

そこに感情的な要素が少ないため、次のような価値をプラスしていかなければなりません。

情緒的価値

 

機能的価値をわかりやすく言うなら、その商品を使うことによる利便性や利益ですが
情緒的価値はそれを使うことによるポジティブな感情です

 

例えば、アップルの製品の機能的価値はスペックが高くて持ち運びやすいという外部的な利益。

 

これにさらに情緒的価値を付け加えるなら、

 

「シンプルで美しい」

 

「かっこよくて高級感がある」

 

等の顧客の感情を含みます。

 

その商品を身に着けたり、所持しておくことによる心理的満足感があります。
これが情緒的価値と言います。

 

デザインがかっこよければ、知り合いから何それかっこいいと褒めてもらって嬉しくなりますし他の人は少し違うというアピールにもつながります。

 

情緒的価値はデザイン性に比例することが多く、
それが顧客の満足度となってプラスになっていきますね。

月収100万稼ぐ無料メルマガ

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 メルマガ登録