やる理由とやらなければならない理由

 

 

モチベーションの構築方法の1つである、理由を明確にしてやるべきことを再確認する。

 

ネットビジネスを継続していくためには、
自分との闘う必要があることを別の記事でも紹介させていただきました。

 

つまり、精神修行のようなものです。

 

自分のモチベーション維持や向上心が無ければ
途中で挫折するのはどの業界も同じ。

 

熱が下がれば、売上も下がり、目標も消える。

 

誰かに自分の気持ちを上げてもらわなければ
自分で行動できない人間はなかなか成功はできません。

 

 

そこで自分のモチベーションを上げるために考えるべきことが
2つほどありますので、紹介します。

 

 

 

それは、

 

【やる理由】 と 【やらなければならない理由】 を明確にすること。

 

これらの理由付けは自分のエネルギーの原動力になりますので
意識してみてください。

 

 

・ビジネスをする理由

 

簡単に英語で説明すると Want の部分に当てはまるでしょう。
自分がなぜ稼ぎたいのか、何をしたいのか
これらの部分が根源的な欲求であり、源になります。

 

 

例えば、

 

・将来お金に困らないようになりたい
・海外旅行に行きたい
・親孝行したい
・脱サラしたい
・好きな事をしながら生きていきたい
・時間に縛れずに自由になりたい
・色んな人ともっと交流を持ちたい
・好きな人とだけ遊んで暮らしたい

 

 

このような願望があれば、それは立派なやる理由になります。

 

なぜビジネスで稼ぎたいのか?
将来どうなりたいのか?
なにが欲しいのか?

 

これらをもう少し根本的に自分の中でまとめて整理してください。

 

そうすると、考えるよりも行動したくなってきます。

 

自分の願望が強ければ強いほどチャレンジ精神は燃え上がり、
今すぐに行動する癖が身に付きます。

 

ビジネスに途中で躓いてくると、途中で自分の元々の目標が
薄れてしまい結果的に目標が無くなってくることがあります。

 

そこで最初からあった自分の熱意や将来の夢や願望は
ただの夢物語で終わってしまい、時間だけが過ぎることになるでしょう。

 

そうならないためにも、夢ノートなどを作る事をお勧めします。

 

 

自分のやりたい事や自分のなりたい事をただひたすら
ノートにあぶり出すように書き出すことで
自分の初心の頃の感情を再確認することが出来るのです。

 

 

自分がやりたいと思ったからには、それに食らいつくように
目的を常に意識して行動しましょう

 

・ビジネスをしなければならない理由

 

 

これは英語で言う Want の部分よりもっと強力な
Have to の部分に言い換えられるでしょう。

 

なぜそれをしなければならないのか
なぜ成功しなければだめなのか

 

〜しなければならないという感情はほぼ強制的な感情に
近い言葉であるために行動を起こすための強い意志になります。

 

 

例えば、

 

・借金があるからお金を返済しなければならないため
・会社がリストラされて、今すぐにでもお金を稼がなければならない
・子供の教育費が足りなくてビジネスを成功させなければならない

 

 

などなど。

 

やりたい理由よりも明確で具体的な理由が
やらなければならない理由になります。

 

 

これは将来にどうしたい等の願望とは違う別の感情に当てはまり、
やる理由よりも行動を起こすタイミングが早くなります。

 

 

特にやらなければならない状態というのは、今既に危機的な
状況下に自分の身が置かれていてどうにかしなければ
このままだとやばいということ。

 

ここでアクションを起こさなけば、明日や1ヶ月後に
自分の人生に何かしらの影響が出てくる場合が多いですね。

 

 

このようにやらないければならない理由を
提示すればするほど、一歩前に進みだすことを躊躇する暇もなく
今すぐに何も恐れず事無く行動できるのです。

 

 

 

 

これらのようにモチベーションアップには
自分のメンタルや目標、理由が深く関連してきます。

 

モチベーションアップは毎日欠かさずに行っていく必要があり、
人それぞれ稼ぐための目的を忘れてはなりません。

 

なぜ自分はこのネットビジネスの世界に入ったのか
最初の頃の初心の気持ちを思い出しながら継続していきましょう。

月収100万稼ぐ無料メルマガ

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 メルマガ登録