コンサルタント

 

 

コンサルタント

 

 

 

コンサルタントとは、ある分野や事柄に対して
アドバイスや指導を行うサポーター的役割やメンターしての
役割を担っている人を指します。

 

 

ネットビジネスでは、
情報販売のように自分の情報をウェブ上で販売して
お金を稼ぐやり方も

 

アフィリエイトのように他人の商品を紹介して
紹介報酬を獲得するやり方も

 

転売やせどりのように、有形商品を仕入れて
ネット上で販売するやり方も

 

様々な方法で稼ぐことが出来ますが、
コンサルタントはまた別の稼ぎ方になります。

 

 

 

ネットビジネスのコンサルの場合は、
自分の商品を購入してもらったり販売をするのではなく、
直接会話してアドバイスるすることで報酬をもらうという
全く無形の情報ビジネスになります。

 

アドバイスというと語弊があるかもしれません。

 

 

ネット上に自分の情報をアップロードしたり
商品のダウンロードページへ誘導するのではなく、
今の顧客のビジネス状況や環境を把握し、
成果を出すための最善策を提案し、応用します。

 

 

 

コンサルタントは、他のどのビジネスよりも
顧客との触れ合う回数が多く、信頼を構築しやすいです。

 

直接メールサポート、電話サポート、遠隔サポート、
その他対談等でコンサルティングを行うことで
顧客の声を直接的に聞く。

 

コンサルティングは、顧客の情報がほぼ全てリアルで
入ってくるために、顧客側の具体的な現状を理解し
徹底的にアドバイスをすることが出来ます。

 

 

顧客側としては、コンサルティングを受けている
というよりも
先生から授業を受けているという感覚に近いでしょう。

 

 

直接的に相手の悩みや不安を聞くことで
顧客はあなたを他人という認識に陥る事がなく、
むしろかなり近い存在として認識することになります。

 

 

 

コンサルというのは、
信頼関係構築を行うためには、最も効率の良い方法で
あなたの発する言葉を信じやすくなります。

 

ネット上での関係を例えるなら、
情報発信をしている側からすると
1対1億人のような感覚です。

 

実際にそこまでのユーザー数と出会うことはありませんが
ネット上でビジネスをしている場合には、
1対1という関係が生まれることはなく、
どうしても他人という感覚が無意識に刻まれてしまいます。

 

 

 

しかし、コンサルの場合は
必ず対等に1対1という方式が成り立ちますよね。

 

面接をしているように、
こちらが質問を用意して相手の現状を把握する必要があるため
相手にはある意味 逃げ道 というものが出来なくなります。

 

 

もしあなたが誰かのブログを拝見すると仮定して、

 

自分がだれなのか、
自分が何の目的でやってきたのか、
自分がどんなことに悩んでいるのかを

 

メッセージとして相手に残すことはあり得ませんよね。

 

 

 

それは、あなたと相手が直接連絡を取るような関係ではないからです。

 

 

 

しかし、コンサルでは
相手にこちらの情報を知らせなければ
ビジネスが前向きに進展することはありません。

 

 

つまり、どうしてもこちら側から情報を提示することになるので
相手を他人だとは思わなくなるのです。

 

そこで相手に特別感を抱き、相手の言葉を信じやすくなるのです。

 

 

 

 

セミナー講師でオフライン収入

 

 

セミナー講師

 

 

セミナー講師は、
自分のブログの読者、集客で集めた顧客、その他口コミ宣伝により
オフラインで大勢の人をコンサルティングするような感覚のビジネスです。

 

これは一見、ネットビジネスとは関係ないように思われがちですが
集客をネット上で行えば正式なネットビジネスの部類に属します。

 

 

 

自分のノウハウ、経験、スキルをセミナー会場に集まった顧客に対し
プレゼンテーションしていきます。

 

セミナーのやり方、説明内容、進め方は全て自分で計画をして
完全にオリジナルで価値の高いものに仕上げることもできますし、
他の人とグループとして活動することで宣伝効果を
最大限に生かすことも可能ですね。

 

 

セミナーを開催するにあたってあなたに求められるものは
大きく分けて2つあります。

 

 

それは

 

・マーケティング(集客)

・プレゼンテーションスキル

 

この2つです。

 

 

言うまでもなく、マーケティングをしなければセミナーすら
開催することもできませんよね。

 

 

・どのような顧客が対象なのか
・どんな人に来てほしいのか
・年齢層は?地域は?
・何人規模でやるのか
・開催日程とスケジュール

 

 

その他セミナーに来る人の条件をたくさん絞っていきながら
顧客の反応率を上げて足を運ばせる必要があります。

 

マーケティングは必ず必要で、
相手の手元に資料を置くことを目的として
マーケティング活動を行っていかなければなりません。

 

 

例えば、既にあなたの事を知っている人なら
あなたがどんな活動をしているかを既に知っていますよね?

 

もしかすると、その人は既に前回のセミナーに来ているかも
しれませんし、
あなたの商材や動画などもご存知かもしれません。

 

 

そのような方に、再び全く同じ説明をしても
何も価値を感じてくれませんし
もう来ないかもしれません。

 

 

このように
2回目に来た人に対してどのようにアプローチするのかも
かなり重要なメソッドになってきます。

 

 

どのような人に来てほしいかも大切ですが、
どのような人だったらあなたのセミナーに来たい
ということを考えることも1つのマーケティングですね。

 

 

 

 

 

た、さらに重要なのがプレゼンテーションスキルです。

 

プレゼンテーションというのは、
要するに内容構成そのものです。

 

ネット上でコンサルティングをする場合は、
1対1という形式で生徒と先生のような感覚で
アドバイザーとして活動しますが、

 

セミナーの場合は
1対30以上等がざらにあるので
ゼロから内容を作り上げていかなければなりませんよね。

 

 

セミナーの場合は、個人個人の問題を聞く時間も
ありませんし、そのような余裕はありません。

 

そこで、あなたの話す内容全てがセミナーの内容に
なるのでプレゼンテーションスキルというものが必然的に
求められてくるのです。

 

 

プレゼンテーションの要素

 

・参加型
・グループワーク
・一貫性
・興味性

 

 

この4つはプレゼンテーションに
必要最低限の要素になるでしょう。

 

 

特に参加型プレゼンテーションは、
顧客の行動を催促するための
最も有効的な方法になります。

 

 

プレゼンの視聴者は基本的に ”受動的” であり、
自分には関係ないと思うことが多いです。

 

途中まではやる気を出して聞いていても
ある程度の時間がたつと
意識が朦朧としてしまいがちです。

 

 

また、参加型ではないプレゼンの場合は
プレゼンターの一方的な見解によって
話を進めてしまうというダメなケースが多く、
視聴者の意見や感想が聞こえてきませんよね。

 

 

 

しかし、参加型にすることで
相手に自分には関係ないと思わせることなく
常に自分に対して言われているという錯覚に
陥らせることが可能になりますね。

 

 

 

例えば、

 

「このようなデータがありますが
皆さんはどうですか?」

 

「僕の場合はこうしますが、
皆さんならどのような工夫しますか?」

 

「これ面白いですよね(笑)
そう思いませんか?」

 

 

等々、最後に疑問形で終わる事により
相手との1対1の対話心理を築かせることが出来て
相手を納得させることにもつながります。

 

 

 

 

さらに、グループワークを組み込むことによって
集団帰属意識に働きかけることが出来るので
一石二鳥ですね。

 

集団で問題解決させることで、
強制的に考えや価値観をアウトプットさせ、
その質問項目やこれからのプレゼンの内容に
耳を向けてもらえます。

 

 

質問項目があるということはその分だけ
答え合わせがあるので、
ただ内容を聞くという受動的な事から
考えて答えを出すという行動を
起こしてもらう。

 

 

 

これが参加型グループワークの本質です。

 

参加型のセミナーに仕上げることで
顧客満足を圧倒的に高めることが出来るため
「また来たいな」と思ってもらえるのです。

 

セミナーの目的は、
「また来てもらうこと」。

 

そのために、顧客に楽しませることを最重要視し、
参加型に仕上げるということです。

 

 

 

 

 

会員制ビジネスで稼ぐ

 

会員制ビジネス

 

 

アフィリエイト以外に高い収入を安定的に得られるビジネスが
この会員制ビジネスになります。

 

会員制ビジネスは、収入がゼロになる事はなく
月額制である限り常にお金が入り続けます。

 

 

仕組みとしては、あなたの塾やコミュニティを立ち上げて
その一員として加入してくれるメンバーを募集して
会員としている間は定額的にお金をもらうビジネスです。

 

例えば、月に1人1万円の課金で、10人を集客する事が
できればあなたに毎月10万円の副収入が入ってきます。

 

 

 

 

会員制ビジネスは、基本的に情報販売やコンサルと組み合わせて
自分の持っているノウハウや経験をコンテンツとして提供
することで月額として対価を支払ってもらうシステム。

 

 

 

 

例えば、自分が入っていたスクールがあるのですが、
それはせどりに関するスクールでした。

 

1カ月ごとにコンテンツが販売者から渡され、
そのコンテンツの概要を基にサポートをするような形です。

 

 

動画やコンテンツをPDFとしてまとめられ、
そのPDFを参考しながら実践をしていき、
スクールとして活動内容や情報を交換していき
サポートを行うというシンプルなビジネスでした。

 

 

私が入塾した頃は同期が30人程度集まっており
1人あたり約30万円の入塾費用。

 

つまり、販売者側は合計で1000万円近くの収入を
その時期に獲得したということになります。

 

 

しかしながら、その塾の9割の人は稼げず
僕自身も全く稼ぐことが出来ませんでしたが (笑)

 

 

 

ビジネス系に限らず様々なジャンルの会員制ビジネスは
年々増加傾向にありますが、
実際に成果が出るのはほんの一握りです。

 

なぜなら、継続的に行動し続ける人が
圧倒的に少ないからです。

 

 

もちろん、それでも稼げない詐欺のようなものも
たくさん存在するのも事実。

 

しかし、それよりも購入者自身が身を削るようにして
食らいつくほど勉強して行動する人が
そもそも10%くらいしかいないんですよね。

 

 

だから、ほとんどのスクールやコミュニティは
稼ぐことが出来ませんし、
スクール代金以上の金額すら取り返せないこともあります。

 

 

 

また、面白いことに
最初の入塾金や初期費用だけ払って
全く何もしないまま塾を辞めてしまうという事例が
非常に多いんです。

 

 

ちなみに、塾生の約7割以上は
何も行動しないで時間とお金をただ無駄に使ってしまう
という結果もあるくらいなので
会員制ビジネスというのは実は
販売者側からするとかなりメリットがあるビジネスである。
ということが言えます。

 

 

 

 

会員制ビジネスの特徴は、会員数が多ければ多いほど
自分の収入が継続して右肩上がりになり
顧客獲得がそのまま自分の収入に等しくなります。

 

そして、会員制ビジネスの種類は基本的に2種類に分けられます。

 

 

・無料会員制
・有料会員制

 

この2つです。

 

 

 

「え?無料会員だと利益なくない?」
と思われるかもしれませんが、そこには秘密があります。

 

無料というのはあくまでもメンバーの一員になるときの
表上の仕組みです。

 

しかし、さすがに無料で全てのノウハウを伝授したり
コンサルをするというのはもはやビジネスではなくボランティア。

 

 

そこで、無料会員になってもらう代わりに
商品を購入して頂いたり、その他自分の利益になるような
事を別の情報として公開していくのです。

 

 

 

例えば、あなたが英語の塾を開催することになった場合、
始めは完全無料会員を募集するとします。

 

そこでほとんどの人は無料で英語教えてくれるなら
絶対入る!という反応を示しますよね。

 

人は無料ほど食らいついてくる生き物ですから。

 

 

そこで会員としてまずは無料体験を実施してもらい、
そこである程度仲が深まってきたところで
自分の有料の商品を販売していくという戦略です。

 

これは非常に高度な販売戦略ですが、
とても強力であり成約率も飛躍的に上がります。

 

 

 

 

また、有料として開催する場合は
塾の費用を高額にして自分が必ず不利にならないような金額を
設定することでそれ以外のものを無料にします。

 

つまり、無料の会員制ビジネスとはほぼ真逆のビジネス戦略で
最初は高額の代わりに後からは全て無料という方向性。

 

 

無料の場合は、フロントエンドだけほぼ無料で提示するが
信頼関係の構築とともに有料情報を公開して
販売していくという形。

 

 

 

会員制ビジネスの料金設定や、販売手順や進行方法は
全て自由であるためにやりやすいですが、
顧客満足度の高め方をしっかり理解しておかなければ
難しいビジネスでもあります。

 

 

会員制ビジネスは、人に教えたり話したりするのが好きな人に
向いているので外向的な人にはかなり有効的なビジネスでしょう。

 

 

 

 

コンサルタント記事一覧

コンサルタントの特徴

コンサルタントには、向いている人と向いていない人がいます。コンサルタントの特徴とは、人に適切なアドバイスをして今後の方向性を定めたり改善を模索したりします。そこで重要になってくるのが【分析力】と【コミュニケーション能力】です。コンサルは簡単に誰でもできるのは、間違いありませんが向いている人と向いてい...

≫続きを読む

 

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録