コンセプトメイキングのやり方

 

 

情報販売【インフォプレナー】としてビジネス活動を起こしていくのなら、
まずはコンセプトとターゲットを具体的に絞っていかなければなりません。

 

特にコンセプトは、情報そのものであるため、情報販売というビジネスでは
最も基盤となるものであり、木に例えると根っこの部分になります。

 

この根っこがしっかりしなければそこから枝を作って
販売機会を増やすことはできませんので、コンセプトには
充分時間を掛けても構いません。

 

 

コンテンツを作成すると聞くと、一見難しく聞こえてしまいそうですが
そこまで難易度の高いものではなく
あなたが今実際に見ているこの記事全てもコンセプトになります。

 

コンセプトとは、つまり内容の事。

 

 

内容や情報は全てコンセプトであり、そのコンセプトを欲しがる人がいれば
商品の需要が高まって商品が売れていきます。

 

 

コンセプトを作るというのは、そんなに難しいものではなく
あなた自身の考え方、価値観、スキル、経験、実績
これらが全てコンテンツになって顧客のもとへ届けられます。

 

 

コンセプトがしっかりしていればしているほど、濃い顧客を集めることが出来て
あなたの情報全てに価値が生まれ、コンテンツそのものに大きな金額を払うだけの
商品やサービスへと進化します。

 

 

コンテンツそのものに価値は最初から存在せず、
欲しいと思う顧客がいることでその価値が生まれるのです。

 

 

中身のない空っぽのコンテンツを販売しようと思っても、
コンセプトの次のステップである、セールスの時に失敗するので
コンセプトメイキングはじっくり考えましょう。

 

 

情報販売もアフィリエイトも仕組みが9割。

 

コンセプトも仕組みの枠組みとしてかなり大事な要素になるので
しっかりとコンセプトを作っていきましょう。

 

 

 

コンセプトメイキング2

 

コンセプトメイキングは、あなたの好きな事、
趣味、経験、スキルからなんでもコンテンツを作成して
自分で好きなようにビジネスを展開できます。

 

英語が好きなら英語、
投資が好きなら投資、
スポーツが好きならスポーツ

 

といったようにジャンルを絞ってターゲットを
決めていくことが可能になります。

 

 

しかし、コンセプトはただ好きなモノをそのままやれば
稼げるというわけではありません。誰でもやっているような
ビジネスをしても差別化ができなければ
ファンを集めることができないからです。

 

 

例えば、英語でも、
文法に特化した英語の習得方法、
スピーキングをメインにした発音の練習コンテンツ、
実際に外国の方と話すことが出来る実践型コンテンツなど

 

同じ英語でもテーマやターゲットをさらに明確に提示
することによってあなた独自のコンセプトでビジネスを
好きなようにアレンジすることもできちゃいます。

 

 

特に語学系は需要が途切れずに、
常に求めている人がいるために売れやすいコンテンツです。

 

しかし、それと同時に英語のビジネスをしている個人事業主も
たくさんいてライバルはたくさんいるのです。

 

 

 

その中でも、自分はどんな面白い内容で勝負して
どんな人をターゲットにして、どんな形でファンを増やしたいのか
それを明確に絞っていけばライバルが多くても顧客は集まります。

 

 

英語の場合は、自分のTOEICやTOEFLの点数などが多少
必要になりますが、自分が教えてはいけないなどの自信を
無くす必要はありません。

 

上には上がいます。

 

その他のイーオン等の大手企業などと比べてしまうと、
実績やサービスの質は歴然ですが、
それ以外に勝負できる点は必ず存在するのです。

 

 

人間は完璧ではありません。

 

 

点数の高い人や実績のある人を探せばキリがありません。

 

自分の能力が低いからと理由や言い訳を付けてビジネスを
辞めてしまってはもったいないですので、
自分なりの独自のコンテンツでライバルと勝負しましょう。

 

 

コンセプトメイキング3

 

売れるコンテンツというものがあります。

 

ビジネスは種類、ジャンル、ターゲットによって
稼げるお金の額はとてつもなく差が出てくるものです。

 

凄くニッチな分野で攻めていこうと思えば、濃い見込み客を
集めていくことは可能ですが集客はかなり大変になりますし、
そもそもお客様はそれほど集まりません。

 

 

それだけコンセプトというものは重要になってきます。

 

そこで、売れるコンテンツをまとめてみました。

 

 

 

売れるコンテンツ

 

稼ぐ系(ビジネス)コンテンツ

 

自分を成長させるコンテンツ(英語、自己啓発)

 

お悩み系コンテンツ(病気、コンプレックス)

 

 

これらのコンテンツは需要の留まるところを知りません。

 

 

人間には、生きていく上で必ずぶち当たってしまう悩みが
ありますが特に上の3つに関しては
年を取るにつれて悩みが深くなっていきます。

 

その悩みが深ければ深いほどターゲットの心に深く突き刺さり、
高いお金を払ってでもそれが欲しいと思う人が多くなります。

 

 

 

・稼ぐ系コンテンツ

 

稼ぐ系はつまり、お金になるモノ全般を指します。
生きていくためには必ずお金が必要になるのは言うまでもないでしょう。

 

お金があればあるほど、幸せになれる。
人間の最大欲求です。

 

これはネットビジネスに限らず投資ジャンルももちろん含まれます。

 

将来何もしなくても毎月30万円以上の収入が入るようになるなら
今月10万支払ってでも今すぐその商品が欲しいといった感じです。

 

 

特にアフィリエイトと、せどりに関しては情報発信する人も多くなり
稼ぐ系の情報販売をする人が多くなってきました。

 

それだけ需要は高いですが差別化するのも大変です。

 

濃い見込み客を集められるように工夫していって
稼ぐ系コンテンツで一気に爆発的な成果を上げていきましょう。

 

 

 

・自分を成長させるコンテンツ

 

スキルアップや、精神力をアップさせる系は人気があります。
他人よりも優れているスキルが欲しかったり、資格なども
それらに該当します。

 

特に受験のシーズンなどでは、特に注目されやすく
子供だけではなく、子供の将来を考えた主婦の方などが
申し込んだりしてくるので、ターゲットも重要になります。

 

また、自己啓発系は精神的に安定を求める方が多く、
誰かにアドバイスしてもらったり、自分だけのオリジナルの
言葉を欲しがったりするものです。

 

ですので、

 

・自分を変える7つの習慣
・成功の9ステップ
・Noと言える勇気

 

これはあくまでも例ですが、こういう系の本はだいたい売れます。

 

 

自分の変えいたいと思う人は1人で10冊以上の本を
まとめて買ったりするくらいですので
自己啓発系も見逃せません。

 

 

 

・お悩み系コンテンツ

 

 

お悩み系は、コンプレックスの事を示します。

 

たとえば、ダイエットで足を細くさせたかったり、
自分の体臭を改善させたかったり、
禁煙の方法を知りたかったり、

 

人々のコンプレックスの悩みは、底をつきません。

 

 

人は誰しも他人に知られたくない、根本の悩みがあり
それをどうにかして解決したいと思うものです。

 

よっぽどのポジティブな人ではない限りは
体や健康、精神に関係する悩みは1つ以上あります。

 

 

対人恐怖症等の悩みもコンプレックスに当たります。

 

 

完璧な人間なんていませんし、
人は誰しも他人よりも劣っている部分があるので
それを改善したいと思うのが普通。

 

 

そして、それをビジネスに応用することで
爆発的人気になる事だってあるのです。

 

 

 

これらのジャンルのコンテンツは、取り組むべきビジネス
コンセプトであって需要があるのでお勧めいたします。

 

 

また、もう1つとても大事なジャンルがあります。

 

 

 

 

それは、  恋愛系 です。

 

 

これは特に女性の方の反応率が高く
復縁させる方法や、気になるあの人を振り向かせる方法
などの具体的なテクニックは人気があるもの。

 

恋愛に関しては、3大欲求の1つだけあって
年齢、性別問わず誰でも興味のある分野なのです。

 

 

異性に興味がない人なんてほぼいません。

 

異性と関わって、肉体的関係を望んだりすることで
幸せを感じたりするものです。

 

 

恋愛は、特にコンサル形式でビジネスをする方が多く
特に女性の恋愛コンサルタントはたくさんいます。

 

実績なども特にいらないために、敷居も低く
顧客に満足してもらいやすいジャンルが恋愛ですね。

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録