店舗せどり

 

 

”店舗せどり”

 

 

店舗せどりとは、その名の通り 実店舗でせどりをすること。

 

実際に家電量販店や各それぞれのお店で利益の出そうな商品を
リサーチしていき、商品を購入してきます。
初めてせどりをする場合には、圧倒的に店舗せどりがおすすめです。

 

 

せどりには、主に2種類あって
”店舗せどり” と ”電脳せどり” があります。

 

 

 

店舗せどりは、電脳せどりよりも比較的利益をの出る商品を見つけやすく
価格交渉もできるので強制的に安くさせることもできます。

 

 

店舗せどりの場合、ライバルが少なくて
自分だけの独占市場を見つけることが出来れば
利益をほぼすべて独占することが出来ます。

 

また、商品であれば何でも売ることが出来るので
お店であれば全てがせどりの対象になり、利益を確保するメリットもあります。

 

 

 

店舗せどりのメリット

 

 

・価格競争に巻き込まれにくい
・価格交渉しやすい (お店の人と仲良くなれる)
・独占市場を見つけやすい
・お店に限りがない
・レジ落としが出来る
・意外なレア商品やセールに遭遇することがある

 

 

 

 

各県や地域によって商品やお店に差が出たりするので、
全国的に同じような商品を同時に売らない店舗を探すことが出来れば
価格競争になりにくいです。

 

例えば、有名な家電量販店の場合の広告の品の場合は
全国一斉セールを行うことが多いため価格競争になりますが
その地域独自の店舗の場合はその可能性が低いというメリットがあります。

 

 

また、価格の値下げをしてもらうことができるのも強みであり
ほぼ強制的に利益を上げることだってできます。

 

店舗せどりの場合は、レジ落としという裏技が存在し、レジに商品を持っていくだけで
商品の価格を下げられますし、
たまたまよったお店が超大型セールをしている時もあるので
ある意味行き当たりばったりでも利益を確保できることだってあります。

 

 

 

店舗せどりのデメリット

 

 

・労働である
・交通費がかかる
・店員に注意されることがある
・田舎だとせどりしづらい

 

 

 

店舗の場合は完全に労働型であるため、疲労がたまりやすくなります。
実際せどりを店舗で行っていると、結構疲れたりして中々たくさんの店舗が
回れなかったりするので肉体労働はしんどいです。

 

 

そして、店舗ということは各店舗ごとまでの移動距離があるということなので
移動時間と交通費がかかるのが難点ですね。
移動距離が長ければ長いほどそれだけで体力が消耗し、
店舗を回ってリサーチしていくのがめんどくさくなったりすることも多々あります。

 

 

特に田舎の場合はお店自体が少ないので、
各店舗を回っていくだけでもかなりの時間と移動のお金が必要なり
都会ほどの効率化を求めることはできません。

 

 

 

 

また、せどりは別の言い方をすると転売ということなので
お店の商品を別のショップで売るということになります。
お店の人が転売をしているということに気づくと注意してくることがあり、
そこはバレないようにすることも重要になってきます。

 

もちろん、転売をOKとしているところもあり店員や店長と仲良くなれば
セールの情報や今人気の商品などを向こうから教えてくれるメリットもあるので
一概に転売がバレるのが悪いということもありませんが
注意をされないように気を付けましょうね。

 

 

 

 

 

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録