キーワードの探し方と選び方

 

 

”キーワードを制する者は

アフィリエイトを制す”

 

 

という言葉をよく聞くように、
キーワード勝負だけで勝てるか勝てないかが決まる事はたくさんあります。

 

 

アフィリエイトだけではなく、サイトやブログで情報発信をしているのなら
キーワード選定は一歩間違えるとかなり危険です。

 

ライバルがたくさんいる数あるビックキーワードの中で自分のサイトを
上位表示させようとすると、計り知れないほどの時間とそれに伴う
知識や苦労は尋常ではありません。

 

 

市場がでかければでかいほど、ライバルが多く参入しているのは当然。

 

儲かるキーワードで稼ごうと思っているのはあなただけではないのです。

 

 

 

例えば、「アフィリエイト」という単語をグーグル検索に掛けると
7000万〜1億近くのサイトが表示されるようになっています。
※2014年ごろは1億ありました。

 

 

そんな大規模な市場の中で初心者アフィリエイターが自分のノウハウだけで
生き残っていけるほど、上位表示競争は簡単に勝てるものではありません。

 

上級者アフィリエイターだけでも、かなり苦戦していますし
上級者ほどリンクSEOで勝負をしているので、一般的なコンテンツSEOだけで
検索順位を抜けるほど簡単な世界ではないです。

 

また、上位アフィリエイターは外注もしているため
SEOの専門家に任せて記事を外注したりしているので
最もグーグルから評価されやすい記事を書いてきます。

 

それだけライバルが多いビックキーワードで勝負するのは困難であると同時に
貴重なあなたの時間が無駄になってしまいますね。

 

 

 

ブルーオーシャンなキーワードを狙うこと。

 

 

 

これを常に意識してください。

 

といっても、これだけアフィリエイターや情報発信者が増えてきた今の時代に
ブルーオーシャンのキーワードはそんな簡単に見つけることはできないのです。

 

なぜなら、自分と同じ分野で自分と同じように稼ごうとする人が
ほぼ必ず存在するからですね。

 

 

全くライバルがいないキーワードはほぼないと思って下さい。

 

そうすると、やる気がでなくなってしまいそうですが
ライバルがいないキーワードがないなら、ライバルが少ないキーワードで
攻めていけばいいのです。

 

 

よくアフィリエイターでありがちなのが、
キーワードを少し調べただけでライバルが多いから途中であきらめたり
やっぱり上位表示できないといって逃げ出したりしますが
そんなことをしたところでいつまでたっても成長しません。

 

 

ライバルが多いから諦めるのではなくて、

 

・ライバルが少ない市場は何なのか
・同じジャンルでもどんなキーワードなら上位表示されるのか
・ライバルのサイトはどんな構造をしているのか
・何をすればライバルに勝てるのか

 

こういうことを考えながらキーワードを探していかなければ
「多いから」「強いから」という理由だけで辞めるのはもったいないです。

 

 

確かに、ライバルが少ないキーワードを狙えとは言いましたが、
ライバルが多くてもそのライバルのSEOが非常にもろいことも
たくさんあります。

 

 

試しに検索すると、一見たくさんサイトがあって上位表示なんて
できなさそうに見えても、中身は空っぽでSEO対策なんて一切していない
弱いSEOサイトなんてざらにあるのでそこを狙うだけでも
かなりのブルーオーシャンな市場を狙えます。

 

 

ライバルの少ない市場を狙えというのは、検索結果に表示される
ライバルの数を見るだけはなく、ライバルのサイトの質、SEOの評価等を
総合的に観察したうえでライバルが少ないキーワードを狙っていこう
ということなのです。

 

 

それでは、キーワードをどうやって見つけていけばいいかについて解説しましょう。

 

 

 

 

 

”キーワードの探し方”

 

キーワードは、キーワードプランナーとグーグルトレンドというサイトを使って
攻略していきましょう。

 

キーワードを無料である程度攻略していくためには、
この2つの知識ぐらいはつけておくと良いです。

 

 

どちらとも、無料でそれなりの情報を掴むことが出来て
どのくらいの検索推移があって、どのキーワードのライバルを
把握することが出来ますので、是非使い倒しましょう。

 

 

 

キーワードプランナー

 

 

 

Google検索で、キーワードプランナーまたは、Google adwordsと
検索すると表示されます。

 

そうするとログイン画面がでてきます。

 

 

ログインすると、ツールのところからキーワードプランナーを選択して
このような表示画面になります。

 

 

 

・フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索
をクリックしてキーワードを検索していきましょう。

 

宣伝する商品やサービスのところに試しにアフィリエイトというキーワードを
入れてみましょう。

 

そのあとに、候補を取得を選択してください。

 

 

 

そうすると、アフィリエイトの月間検索ボリュームとライバルとの競合性を
示した数値が表示されます。

 

 

 

 

赤い四角で囲っているところがキーワード選定の判断基準です。

 

 

月間検索推移を見ると、「アフィリエイト」のキーワードの出現頻度は
月に1万から10万単位ですね。

 

月に1万回も検索数があるということは、アフィリエイトがどれだけ
人気で検索されやすいキーワードであるのかがわかります。

 

だいたい月に3000回以上検索されているものは、それなりの需要と
人気が高いキーワードであるために選定基準としては充分クリアです。

 

最低月に1000回行けばクリアになりますが、
ライバルの状況と市場規模によるので一概にどれが正しいかは
判断が厳しいところです。

 

 

そして次に見るところですが、「競合性」の強さを見ていきましょう。

 

 

 

アフィリエイトという単語で検索した場合に、
同じキーワードで攻めてくるライバルの強さは中となります。

 

もちろん、強が競合性が強いことを示し、中が真ん中、低が最も
ライバルが少なくて狙いやすいという意味です。

 

 

・アフィリエイトとは
・アフィリエイト 稼ぐ
・アフィリエイト ブログ

 

を見てみると、上から 低 → 中 → 低 となっています。

 

これだけの観点から考察すると、一見いけそうに感じるかもしれませんが
それだけで判断はしないようにしましょう。

 

確かに、月間検索数も競合性も低くて悪くないという判断基準は良いですが
もっとも注意すべき点がまだまだあります。

 

 

それは自分が検索する立場の人間になって考えるとわかりやすいですが
自分がどのような検索をかけて調べるのかが重要です。

 

ただ、検索数が多くてライバルが少ないキーワードだけで上位表示を狙っても
確かに人は集まるかもしれませんが決定的な致命傷になりかねます。

 

 

 

 

例えば、あなたが今アフィリエイトで稼ぎたいので、
アフィリエイトにお勧めの商品を販売したいと考えているとしましょう。

 

でも、初心者はアフィリエイトの事を全く知らなくてアフィリエイトについて知りたい場合は
アフィリエイトとは?と検索してアフィリエイトの事を調べるでしょう。

 

 

しかしこれだと、アフィリエイトで稼ぐということが目的で検索しているのではなく
アフィリエイトがどんな仕組みなのかを知りたいので
お客さんがサイトに来てくれたところですぐに帰ってしまいますよね。

 

 

するとどうでしょうか。

 

 

アフィリエイトの商品を販売したいのに、それを目的としたユーザーが訪問しないので
あなたに報酬は一生入ってこないという現象が起こります。

 

確かにあなたのサイトが検索結果1位に表示されたとしても、
そもそもターゲット戦略を間違えているので、キーワード選定も間違えてしまっています。

 

 

キーワードというのは、ただライバルが少なくて検索されやすいものを選ぶだけでなく
相手のニーズや状況を考慮しながら選定することが大切になります。

 

 

 

 

そして、もう1つお伝えするサイトがこちらです。

 

グーグルトレンド

 

 

グーグルトレンドは、検索キーワードのトレンド情報とそれに関連するキーワードを
比較対象としてリサーチすることが出来るのです。

 

そのキーワードを調べると、その人気度が現在どのくらいあって過去と比較したときに
どのくらい上昇しているのかがわかり、その関連キーワードも同時にグラフとして
推移を比較できます。

 

 

 

 

アフィリエイトを調べてみると、このように青のグラフが表示されて波打っているのを
ご覧にいただけるでしょう。
並行して横並びにトレンドが続いているので平均して1年中検索されている
人気キーワードであることがわかりますね。

 

また、追加キーワードにアフィリエイトに関することを入力して調べてみましょう。

 

そうすると、またもう1つ赤のグラフが表示されて比較されますので
変化の推移を2つのグラフの観点から観察できます。

 

 

 

 

下の方に移動すると、関連トピックと関連キーワードが表示されます。

 

つまり、アフィリエイトで調べたときにアフィリエイトを検索した人がそのあとに
よく検索しやすいトピックを表示されると同時に、
それに関係する注目キーワードもわかるのです。

 

これらのトピックやキーワードを1つずつ詳しく見てみると、
グラフの動きがそれぞれバラバラであり、今どんなものがトレンド情報であって
どんなアフィリエイトが人気で、どんなものが流行っているかの傾向を
掴むことが出来ますね。

 

 

一時的に下落しているものは、これらかも下落する傾向もあるので、
グラフの動きは要チェックですね。

 

キーワードの選定を間違えると、月間検索数も断然違ってくるので
必然的に売り上げに直結してきます。

 

キーワード選びは慎重かつ、相手の立場に立ってよく考えていきましょう。

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録