商品戦略、ターゲティング戦略、販売戦略のマーケティング手法

 

マーケティングとは、
”自分の商品をどのように売っていくのか” の戦略を立てていきます。

 

 

 

マーケティングの中には、

 

・商品戦略
・ターゲット
・集客
・販売戦略
・リサーチ
・キーワード戦略

 

まだまだありますが、戦略と名の付くものは全てマーケティングに含まれています。

 

 

 

 

 

マーケティングを甘く見て、何も考えずにただひたすら黙々と記事を更新したり
全く関係のない顧客に情報を発信し続けても反応はありません。

 

マーケティングが上手くいかないと、どんなに良いコンテンツを独自に作成したところで
顧客の手元までその情報を運ぶことが出来ません。

 

最も手っ取り早く商品が売れるのは、
今それを喉から手が出るほど欲しい!と思っている人の前で商品を提示することです。

 

 

 

 

マーケティングとは、ただ顧客をフォロワーとして適当に集めるのではなく、
見込み客をどれだけ最短で集めて上手くセールスができるのか。

 

これがマーケティングの極意です。

 

 

マーケティングは、永遠に勉強していかなければならないもので
過去のマーケティング方法が現代では異なる場合もたくさんありますし、
過去に使えなかった戦略手法、販売戦略が今となって爆発的に人気になることだってあります。

 

にもかかわらず、何十年も前に提案されたやり方が何年も何十年も注目されており、
大手企業や有名アフィリエイター等が継続的に使用しているやり方もあります。

 

 

マーケティングを極めていくためには、
勉強→テスト→勉強→テストのサイクルを極めることが重要です。

 

反応率を上げたり、満足度を上げたりすることが出来るのは
テストを繰り返して計算をして、数値化しなければなりません。

 

 

 

 

 

えば、よくある例として

 

 

あなた自身が
「このサイトのデザインの方が成約率上げるでしょ!」
と思ってめちゃくちゃ派手なサイトデザインを完成させたとしましょう。

 

あなたはこのデザインなら顧客は商品を購入しやすくなり、
これでアフィリエイトが完璧にできたと思うとしましょう。

 

 

 

しかし、何日も何十日もたっても訪問者は増えているにもかかわらず
未だに購入者が現れずに、成約率がほぼゼロに近い状態だったとします。

 

 

そんな時にありがちなのが、

 

「アフィリエイトにデザインなんて関係ないんだ!
結局デザインなんてただの戯言であって、購入者には響かない」

 

とデザインの改善すら考えずに固定概念に浸る事が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

は、逆に2種類のテンプレートを用意して
同時に集客を行った場合はどうでしょうか?

 

 

1つは、先ほどあなた自身が売れる!と思っていたデザインを取り入れたサイト
もう1つは、地味だけどシンプルで他に邪魔がないサイト

 

 

あなたは自分のサイトに自信を持ちつつも、新たに作ったシンプルなサイトも
同時にテストしてみることにしました。

 

 

 

 

そうすると、、、、、

 

 

シンプルなデザインの方は、直帰率(顧客がすぐサイトを閉じる確率)が低く、
成約率も上がり、ダイレクトに商品を買ってくれることが判明しました。

 

 

しかし、もう1つのサイトデザインの方は、1ページずつの滞在時間があまりに短く
成約数ではなく、クリック数だけが多くカウントされていることに気づくことが出来ました。

 

 

 

このように、テストをすることで比較対象することができ、
前のデータと今のデータを比べたり、同じようなモノを1部分だけ変えることで
データーを割り出すことが出来ます。

 

 

もし、あなたが固定概念を持ったまま あの派手なデザインのサイトを永遠と
運営していれば、あなたは時間と労力だけをむしり取られ、
デザインなんて関係ない!と自己勝手に決めつけてしまっていたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

マーケティングを重要視しない人の多い例としては、
自分のやり方に自信があって中々イノベーションを起こさない人が該当します。

 

「これで間違いなく売れる」
「これで完璧だ」
「ここまでやったんだから成功する」

 

 

と自分の中で結果を決めつけてしまうケースが多いです。

 

 

 

しかし、テストを1回もしていない段階で成果が出たような考えをすることは
非常に危険で、もったいないです。

 

自信をもって売れると思っていたモノが売れなかった時のショックと、
過去に販売実績がないモノを売れると勘違いする見かけ上のデータは
マーケティングには不必要です。

 

 

マーケティングには、データと数値が全てですが、
あなたの固定概念は感情的な無形のデータです。

 

 

 

しっかりと数値を割り出しながら、次にどういう風に改善し
反応率を高めて戦略を立てていくのか。

 

失敗を改善を繰り返してこそマーケティングの効果が生まれてきます。

 

 

プロダクトローンチで販売する

 

”プロダクトローンチ”

 

 

これは「商品を爆発的に売る」ための最も有名な手法です。

 

プロダクト→ 商品
ローンチ→ 立ち上げる

 

という言葉を掛け合わせたものであり、
最近ではローンチを使って商品販売するのが主流になってきました。

 

 

プロダクトローンチというのは、つまり
商品の売り込み感を無くして、
顧客教育をしながら販売する方法
とも言えます。

 

プロダクトローンチは、横型のセールスレターともいわれ、
見込み客を一気に集客して、信頼関係を上手く築きながら
爆発的な売上を誇ります。

 

 

顧客には その商品が欲しい!と思う購買意欲が最頂点に達するまでの
セールスの流れがありますが、
その顧客の感情を煽りながら確実に商品を売っていきます。

 

 

ある人はこの手法で、12時間で5億円以上を売り上げています。

 

 

また、プロダクトローンチの場合は
顧客のニーズや需要を把握して、商品を選別していき
販売して売り上げた後に製造を行っていきます。

 

従来のやり方の場合は、
顧客のニーズを予め聞いてから販売するのではなく、
自社が先に開発、製造をしてから販売するという
マーケティング手法でした。

 

 

しかし、これでは広告費が莫大にかかるリスクと
商品が売れなくて在庫として残ってしまうリスクを伴うため、
出来るだけ少ないコストで商品価値を高めるための
マーケティング手法である

 

「プロダクトローンチ」というものが主流になってきました。

 

 

 

プロダクトローンチを完全にマスターできるようになれば
どんな商品でも魅力的に見せることが可能になり、
顧客に商品価値を潜在的に植え付けることが出来ます。

限定性をつけて購買意欲向上

 

限定性

 

限定とは、商品広告やセールスキルでもよく使われているもので
顧客のアクションを起こすために必ず使われているテクニックそのものです。

 

 

限定の種類は基本的に

 

・人数
・期間

 

この2つがあり、どちらかまたは両方を限定とします。

 

 

限定を使う時は、商品説明や商品コンセプト、価格等を全て提示した後に
今だけ!何名様限定!
というように限定性を出すことで顧客が
「早くしないと!」と思ってしまうのです。

 

よくある限定の仕方として、

 

「先着20名様限定! 無料招待券プレゼント!」

 

「残りわずか3名!申し込みは今すぐこちらから!」

 

「1月30日まで! 2月から値上げ確定」

 

 

このように、人数や期間を具体的に絞って顧客の心理を煽る事によって
今買わなければ損をしてしまうという心情になります。

 

お客様は基本的に行動が遅く、怠け者なのです。

 

例え商品が良いと思っていても、その商品に限定性をつけなければ
後で買えばいいや。というマイナス的な思考になる傾向があるので
商品の購入率は低下します。

 

 

後で買えばいいと思っているお客様は、
いつになっても商品を買ってくれません。

 

そこで人数や期間を絞って、後で買うという選択肢を無くすことで
今買おう!というポジティブな思考と行動促進につながります。

 

 

 

緊急性の効果と行動心理

 

 

緊急性の販売戦略!

 

 

先ほどもチラッとお話ししましたが、人は基本的に決断力が遅く
怠け者です。また、急ぎの用がない限りは優先順位を無意識に
つけてしまい、必要ないと瞬時に感じたものは
後回しにする傾向があります。

 

そこで、人の優先順位をプライベートの情報から商品の情報へ
変換するために ”緊急性” という手法を用いるのです。

 

 

商品を購入するという判断が優先的に下されれば、
後回しにするという発想を無くし、
心理的に購買意欲をアップさせることが可能になります。

 

 

 

緊急性の使い方は、相手の行動をこちらが
提示するように行動をサポートしてあげる形で使うのが
最もベストかつ、自然な形で購入につなげることができます。

 

 

緊急とは、具体的にどれが正しいとか
どれが正しくないとかはありませんが
【今】という単語をイメージさせることを目的としましょう。

 

 

例えば、

 

「緊急告知! あの○○がついに公開!
無料視聴はコチラから!」

 

「○○が気になる方は今すぐこちらをクリック!」

 

「号外! 今これを見逃すと
あなたは10万円を失うことになります。」

 

 

等、コピーライティングや広告募集などでよく見かける
フレーズでしょう。

 

特別公開!や 今だけ!を付け加えるだけでも
人の反応率はガクッと変わり、
つい続きを読みたくなるのです。

 

 

CM等でも 「緊急告知!」や 今という単語を
使っているキャッチコピーはよく使用されるもので、
次に伝えたいことをいかにも
とても大事な事のように表現しています。

 

 

そして、具体的に次に何をすればいいのか
どのようにして申し込めばいいのか等の
行動ステップを示してあげることで
スムーズに購入をしてくれます。

 

 

「詳細はコチラ」

「今すぐこちらをクリック」

 

では反応率は全く違います。

 

 

言葉一つ変えるだけでも
お客様が感じるものは変わってくるので、
単語という威力は恐ろしいものです。

 

 

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録