コンテンツSEO

 

 

コンテンツSEOとは、記事の内容や文字数でSEO対策を行います。

 

まだアフィリエイトが主流ではない頃、グーグルのページランクは
被リンクの数や記事数が重視されていましたが、
Googleの登録サイト数が多くなると、ページの評価はリンク数から
コンテンツにシフトしました。

 

 

まだ、リンクSEOというのは正式なSEO対策として認識されて
いますが年々コンテンツについての評価が大きくなっていき
Googleの基準も変わってきました。

 

 

 

そして、Googleは検索エンジンからのユーザーを1番の優先順位として
ユーザーの目的と一致するサイトエンジンを理念としています。

 

 

コンテンツを考えて、記事内容を書いていくためにはまず、
キーワード選定を決して間違えてはいけません。

 

例えば、キーワードで「ダイエット サプリ」というキーワードでユーザーが
検索を掛けたときに、「ダイエット 運動」というサイト名で
検索結果が1位に表示されたとしても
ユーザーの滞在時間はとても短くSEO的にも良質なサイトであると
認知されることはないでしょう。

 

キーワードの時点で、ユーザーのニーズやターゲットを間違えてしまうと
どれだけ記事の内容が濃くても
反応率は落ちて、間接的にターゲットに満足してもらうことはできません。

 

 

Googleのサイト評価で大切なのは、
「ユーザーのニーズに完全に一致する良質なサイト」
というものです。

 

 

では、良質なコンテンツとは何かというと

 

・ユーザーの目的に一致しているサイト
・ユーザーの悩みや不安を解消してくれる役立ち情報サイト
・他の同類のサイトよりも内容が濃い

 

 

これら3つであると、私は仮定します。

 

 

 

私自身、ある分野の複合キーワードで2位をとって
月間PV数も申し分ないほどのアクセスを集めることが出来ており、
その分析結果のもとに改設しています。

 

やはり、ターゲットの限定とコンテンツの一貫性でのSEO評価は
かなりの評価基準であり、悩みや不安のあるターゲットを的確に
アドバイスしているようなサイトが良質であると判断されるでしょう。

 

 

ただターゲットの目的と一致する記事とサイトを作成しても、
コンテンツの中身自体が空っぽで役立ちそうにない文字を
だらだらと文字数を稼ぐように並べたところで
あまりSEOの評価としての基準にはなりません。

 

そして、これだけあるサイトやブログの中で完全にブルーオーシャンな
分野は存在せず、どんな分野においても必ず同じカテゴリーでの
ライバルサイトが存在しています。

 

競合ライバルのサイトは、有名トップアフィリエイターや業者が運営しているので
完全にニッチなキーワードや記事戦略で勝負することは難しいですが、
それだけで勝負するのではなく、ライバルでもここまで深いところまで
書いていないだろうと思われるようなサイトは理想的です。

 

 

 

自分が実際に検索エンジンから悩みについて調べていたとしましょう。

 

例えば、多汗症がひどすぎて汗のにおいが凄くて
どうしても汗を止める方法を知りたい!と思って検索を掛けます。

 

そうすると多汗症対策や改善できる商品についてのサイトが
上位に表示され、予防策と解決策、具体的な対応や
おすすめ商品などをかなり細かく書いており
多汗症に悩む人々の頭の中を想定しながら記事が作成されています。

 

多汗症の人の場合は、

 

「自分だけ汗の量が半端ない」

 

「汗をかきすぎて、周りからの目が気になる」

 

「座室に座った時に、足のにおいが気になって靴を脱げない」

 

「スプレーやシートで汗を拭いても、余計に臭いがきつくなる。」

 

 

などの体験した人にしかわからない独自の悩みや
体験談を持っているために、同じような体験談が記載されているブログや
汗をかかなくなった成功例や商品を具体的な方法で紹介されている記事を
探し出して、黙々と読み続けるのです。

 

このようにそのユーザーが持っているであろう、悩みや体験談を想像して
それに関連する記事を作り上げて、その解決策や方法を提示させることで
ユーザーのページ巡回頻度が上がって良質なサイトであると
認識されていきます。

 

 

特に、プライベートな悩み解消系サイトと呼ばれるものには
かなりネガティブでダークな悩みを抱えている人が多く
そんな人の気持ちを記事の文章で再現しているようなブログは
基本的に人気になります。

 

相手のネガティブな感情を文章で湧きだたせて、
相手の感情に共感を抱かせるようなテクニックを

 

「フォローアップ効果」といいます。

 

 

フォローアップはよく聞くワードであり、
ユーザーにとっては、自分の気持ちを理解してくれている
共感できる良質サイトであると評価されますね。

 

 

自分のサイトがコンテンツとしてしっかりしているどうかは
記事を作成後に自分でチェックしてみましょう。

 

相手の感情をしっかりキャッチできているか
ターゲットは絞れているのか
空っぽの記事ではないのか

 

これらを頻繁にチェックして、訂正を行うことで自分のサイトの
質を向上させることにもつながるだけでなく、
これからセールスを継続するときでもこれらの経験があなたの助けになります。

 

 

 

また、サイトの質を上げてくれるのはユーザーの訪問者数や
滞在時間やページビュー数だけではありません。

 

自分の記事に含まれているキーワードの数も
SEOの評価項目欄に追加されます。

 

キーワードというのは、例えばあなたが「アフィリエイト SEO」
というキーワードで検索してほしいのなら、
記事の中にその2つの単語ができるだけ入るように
しなくてはSEOの効果は薄くなります。

 

 

つまり、そのキーワードを記事の中に埋め込むように記事を書けば
その記事はサイト名と一貫性があってまとまっているものだと
判断されていくのです。

 

 

しかし、それは無理にやりすぎるとグーグル側が
逆に怪しいと評価して表示ランクを下げる可能性もありますので
充分注意しましょう。

 

 

 

そして、
自分のサイトの記事が良質であるかどうかわからない場合は、
様々なキーワードの上位サイトをリサーチしていきましょう。

 

ライバルのサイトや広告などには、たくさんのヒントが隠されていて
コンテンツが詳細に絞れているものから、幅広いけど内容が深い記事まで
色々ありますが、その中にある単語やタイトル名、内容がまとめられているか
等を確認するための材料になるので是非ライバルサイトをチェックしましょう。

 

 

コンテンツSEOを行う場合は、もちろんコンテンツの中身や
ユーザーの目的と一致させる必要がありますが、
さらに記事数や文字数もGoogleの評価基準になります。

 

 

ちなみに、SEOで良いとされるのは
ほぼ毎日おなじような頻度でばらつきなく更新をすること。

 

また、1記事におよそ1000字以上の文字数の獲得。

 

これらの基準を満たせば満たすほど、
上位表示までの道のりは比較的に超えられます。

 

 

毎日記事を更新し続けることはかなりの体力と精神力がいりますが、
1記事に1000や3000字というのは現実的な数字なので、
諦めずに継続して文字数を増やしていきましょう。

 

 

SEOはビックキーワードであればあるほど、
ライバルの文字数や記事数はとても多くなっているので、
それなりの質だけでなく量も考えなければならないです。

 

SEOというのは、効果が検索結果に反映されるまでに早くても
3カ月以上かかります。平均して6カ月くらいが目安で
上位に表示されるまでにかなりの長期戦になるということで
諦める人も多いです。

 

 

そこでSEOが利かないといって、辞めてしまうケースも
少なくはありませんが、もともとグーグル側が毎日のようにサイトを
巡回してランクをしながら訪問者数の変化気づいていきます。

 

1カ月そこらでは、グーグル側もデータや数値がないために
判断材料として上位表示できるように組み込まれてないので、
最初から1位をとれないのは当然の結果です。

 

 

コンテンツでSEO対策をするなら
長期戦であることを理解したうえで気長に攻略していきましょう。

 

 

 

 

 

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録