リンクSEO

 

 

リンクSEOは、内部リンクと外部リンクの2つで構成されており、
自分のサイト内にあるページリンクが内部リンク、
外部からの自分のサイトへのリンクが外部リンクとなります。

 

 

 

内部リンクが内部SEOを表し、
外部リンクが外部SEOを表しており、
両方の対策をすることで総合的にSEOのランクが上がるのです。

 

 

内部SEOは、サイト全体やページ単体の構造を
HTMLやCSSのもとにいじったり修正したりすることで
Googleに良質なサイトであると判断されます。

 

 

 

 

内部SEO対策を行うにあたって気を付けるべきは2つです。

 

1、グーグルに認識されやすく、わかりやすいアルゴリズムにする
2、単体のページを評価されランク付けしやすい構造にする

 

 

メタタグ、ディスクリプション、キーワード等の
HTML上のグーグルに評価されやすい部分を修正することで
クロームが巡回したときにランクを付けられます。

 

Google上にアップされているサイトは全て、
Googleが常時巡回して、言語を解読して評価しているので
コンピュータにわかりやすく認識されやすい言語が
上位表示されやすくなるのです。

 

 

そして、巡回したデータを基にウェブ上にデータベースとして
サイト情報が登録されて
これをインデックスとも呼びます。

 

インデックスされているサイトの管理情報はグーグル側で
所有されており、インデックス内容もとに上位検索順位が
割り当てられているのです。

 

 

内部SEO対策では、
クローラーに巡回されやすいように仕組みを作ることが大前提であり
少し意識するだけでも巡回頻度を多くさせることが可能です。

 

 

1 サイトマップ

2 カテゴリー別に記事を分ける

3 パンくずリストを設定

 

 

 

サイトマップ

 

 

1番のサイトマップというものは、クローラーが巡回するためのマップであり
XMLという言語で設定されており
詳細に記事に反応してくれたり、巡回頻度を多くしてくれる傾向が上がって
Google webマスターツールというところからサイトマップに登録しましょう。

 


 

途中でエラーが出てしまう場合は、エラー内容を基にして
改善しましょう。xmlマップを送信すれば完了。

 

もし、記事を更新したら再送信のところから
再びxmlマップを送信してクローラーに知らせてあげましょう。

 

 

カテゴリー記事を分ける

 

 

カテゴリー別に記事を整理したりして、ディレクトリごとに記事が
まとめられていれば、グーグル検索で整理された記事が表示されて
圧倒的にSEOに便利になります。

 

カテゴリー名や、タイトル名はキーワードを選定しながら
SEOに沿って単語を選ぶことによってニッチなキーワードや
人気キーワードでライバルよりも上に立てるでしょう。

 

カテゴリーを上手くまとめ、記事のタイトルに強力な
キーワードを入れながらサイトを更新し続けることによって
サイト名ではなく、カテゴリー名やタイトル名に検索結果が
ヒットされて、そこから爆発的にアクセスが伸びることも
例外ではありません。

 

 

パンくずリスト

 

パンくずリストとは、普段見えないディレクトリを
ウェブ上で視覚的に表示させリストアップすることです。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、
ファイルごとに必ず上位階層があって、そこから下に
木の枝のように下に階層が連なって構成されます。

 

パンくずと呼ばれ、その階層をリストのように
表示させてクローラーが回遊しやすくするために
リストアップしてSEO対策を施すのです。

 

 

 

 

 

 

サブメニュー

ネットビジネスで稼ぐ方法


トップページ 商品力 販売力 集客力 おすすめ商品 年収1億円 メルマガ登録